e国宝

e国宝

日本の国宝・重要文化財がこんなに身近に! 1000点もの作品が自由に閲覧できる

賛成票

  • 国宝や重要文化財の高画質の画像を約1000点閲覧できる
  • 各画像の詳細な説明を読むことができる
  • 日本語以外に、英語、フランス語、中国語、韓国語にも対応

反対票

  • 画像を壁紙に設定するなどのオプションはない

秀逸
9

e国宝は、縄文時代の土偶から近代の油彩画まで、多様な国宝・重要文化財の高画質の画像を自由に閲覧することができる、国立文化財機構のWebサイトです。東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館の4館が所蔵する国宝と重要文化財、およそ1,000点が収録されています。美術館や博物館が大好きだけれど、いざ展覧会に足を運ぶと人ごみで疲れてしまって細部まで見ることができなかったり、解説を読み逃してしまったり、という人は、このサイトで心行くまで国宝の画像や解説を堪能することができます。

e国宝で閲覧できる国宝は、「絵画」「書跡」「彫刻」「建築」「金工」「刀剣」「陶磁」「漆工」「染織」「考古」「歴史資料」「法隆寺献納宝物」の分野に分かれています。作品詳細画面には、作品の高精細画像、画像一覧、部分一覧、作品情報が表示されます。画像は拡大縮小が可能で、作品情報には名称、時代、作者、出土地など詳しい解説が読めます。解説は日本語、英語、フランス語、中国語、韓国語での表示が可能です。全画面表示で作品を見ることもできるので、PCの画面いっぱいに国宝などの作品画像を表示でき、作品を細部までじっくり見たい人にはたまらないでしょう。分野別に作品を探せるほか、検索窓にキーワードを入れて作品を探すことも可能です。また、東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館へのリンクもあります。

e国宝は約1000もの作品の画像を自由にみられるすぐれたWebサイトですが、画像を壁紙に設定するなどのオプションはありません。e国宝には、同じ資料をiPhone・iPadで見られるアプリ、スマートフォンで見られるAndroid版アプリがあるので、いつでもどこでも日本の伝統的な作品に親しむことができます。このほか、芸術に親しめるWebサイトにはGoogleアートプロジェクトがあります。

e国宝は、国宝や重要文化財を自由に閲覧できるWebサイトです。歴史好きの人、日本の伝統工芸に興味がある人にとっては、お気に入り登録をして、何度もアクセスする価値があるサイトだといえるでしょう。

e国宝

サイトにアクセス

e国宝

ユーザーレビュー